戻る

総合法政専攻のご紹介

平成29年
東京大学大学院法学政治学研究科

1.大学院で学ぶということ

現代社会の多くの問題は、単に既存の知識を適用するのみならず、目前の問題を新たなコンテクストの中に位置づけ直し、多様な解決手法をこれまでにない形で組み合わせなければ対処できなくなってきています。そのためには、大学院における高度な研究の訓練、すなわち、新しい問題を自ら発見し、自立して方法的にそれと取り組む知的能力を培うことが必要であることが、世界では常識となりつつあります。「高度知識社会」は、大学院における高度な研究と、そこで教育を受けた修士・博士学位取得者たちによって先導されているというのが、世界の現状であると言っても過言ではありません。

日本においても、理科系を中心に、すでにかなり以前から大学院学生の増大が見られますが、上に述べたような世界の状況と比べると、大学院における学問的訓練の重要性に対する社会的認識は、まだまだ低いといわざるを得ません。しかし「グローバリゼーション」ということが意味するのは、まさしく、狭い日本一国内でしか通用しない特殊な常識に固執しても、もはや立ち行かなくなることに他なりません。国際的には「学士」の学位の社会的評価が低下する一方であることはよく知られていますが、日本においても、今まで以上に多くの領域で、単に学部の卒業証書だけではなく、大学院での研磨にもとづく深い学識が要求される時代が、将来必ずやってくるでしょう。それゆえ、研究者をめざす皆さんのみならず、世界の優れた人々と共に第一線で現実の諸問題と取り組みたいと考える皆さんも、ぜひ大学院で学ぶことを考えていただきたいと思います。

2.総合法政専攻とは

東京大学大学院法学政治学研究科総合法政専攻には、実定法、基礎法学、政治という三つのコースがあり、いずれも修士課程と博士課程とから成ります。コース別の定員はありません。なお、入学試験については、こちらをご覧下さい。

<実定法コース>
公法・民刑事法にわたる日本の実定法諸分野について研究・教育するコースです。実定法領域で博士号をめざす人たちの多くは、法科大学院を経て総合法政専攻博士課程に進学することになります。ただし、学問の性質を考慮して、憲法(国法学を含む)及び国際法を専門分野する方々については、総合法政専攻の修士課程を経由して博士課程に進学する道も用意されています。なお、現行司法試験に合格している方は、法科大学院を経由することができないので、総合法政専攻修士課程入試の「B選抜」という枠が用意されています。さらに2年以上の法曹実務を経験した者については、修士課程を経ずに博士課程を受験することが認められています。

<基礎法学コース>
外国法、法制史、法哲学、法社会学などの分野を含みます。本研究科の一つの特色は、実定法と並んで基礎法学諸分野の研究教育が充実している点にあるといってよいでしょう。この分野を専門にする場合は、法科大学院を修了して博士課程に進学するほか、総合法政専攻の修士課程を経て博士課程に進学することもできます。

<政治コース>
広く政治にかかわる諸現象を歴史的・理論的に考察するさまざまな分野を含み、その地理的対象は世界中に及びます。またそこで用いられる方法や観点も多彩です。

<留学を希望する方々へ>
日本を代表する法学政治学系の研究・教育機関である法学政治学研究科には、世界各国から多くの優れた外国人留学生が集っています。外国人留学生は、志望するコースにかかわらず、総合法政専攻修士課程入試では「C選抜」という枠で受験することができます。また本研究科の外国人研究生を経由して総合法政専攻修士課程を受験することも可能です。(詳しくは「入学を希望する外国人の方々へ」のページをご覧下さい。)

image

image

image

image

image