• TOP
  • ニュース
  • 岩澤雄司教授が国際司法裁判所(ICJ)裁判官に選出されました。

岩澤雄司教授が国際司法裁判所(ICJ)裁判官に選出されました。

2018/06/25

6月22日(金)、国連において、小和田恆・国際司法裁判所(ICJ)裁判官の辞職に伴う裁判官補欠選挙が行われ、日本の国別裁判官団が候補者として指名した本研究科の岩澤雄司教授(国際法)が、同裁判所裁判官に選出されました。

日本からの選出は、田中耕太郎氏、小田滋氏、小和田恆氏に続いて4人目。本学部の教員出身者では田中耕太郎先生(元東京帝国大学教授・法学部長)以来2人目となります。

今回の選出は、国際的に高く評価されている国際法についての研究業績を基礎として、自由権規約委員会委員長やアジア開発銀行行政裁判所副所長等の国際法分野での豊富な実務経験を重ねてこられた岩澤教授のこれまでの取組みが国際的に認められたものです。

岩澤教授の今後の更なるご活躍を祈念いたします。

岩澤教授からのコメント:

国連の「主要な司法機関」であり、国際社会における紛争を平和的に解決する国際司法裁判所の重要性は、今日ますます高まっています。

国際社会における法の支配の促進は、私の信念ですが、日本と世界の利益にも資すると確信しています。東大法学部で教育を受け、また自らも教育に携わった者として、国際社会における法の支配の促進のために全力で取り組んでいきたいと思います。

※岩澤雄司教授の最終講義は8月26日(日)に行われる予定でしたが、諸般の事情により延期となりました。

岩澤雄司教授 略歴等関連URL

http://www.j.u-tokyo.ac.jp/faculty/iwasawa_yuji/

ニュース/イベント