• TOP
  • イベント
  • 2019年度東京大学ホームカミングデイ 法学部企画のお知らせ

2019年度東京大学ホームカミングデイ 法学部企画のお知らせ

2019/09/10

2019年度の東京大学ホームカミングデイは、10月19日(土)に実施されます。法学部・大学院法学政治学研究科でも、以下のように、2つの講演会を開催する予定です。事前の申込み等は必要ありませんので、お気軽にお越しください。卒業生や御家族の方々を含む多くの皆様の御参加を、心よりお待ちしております。
 
講演会1
「次世代のための著作権法 ~ダウンロード違法化問題を契機として~」
 
講 師:田村 善之 法学部教授
日 時:2019年10月19日(土)午後1時~2時半
場 所:法文1号館22番教室(法文1号館の場所はこちら をご覧下さい。)
概 要:今年の1月から3月にかけて、違法にアップロードされている著作物のダウンロードを広く一般的に違法化する
著作権法改正を文化庁が提案したことを受け、反対論が沸騰し、結局、法案としての国会提出が断念されたという騒動がありました。
本講演では、審議会の委員として、この騒動の渦中にいた経験談を交えつつ、著作権法が抱えている構造的な課題がどこにあるのか、その原因と、理想論としての次世代の著作権法のあり方をお話しします。
 
講演会2
「政治思想史の原点―岡 義武の明治・大正史をよむ」
 
講 師:苅部 直 法学部教授 ほか
日 時:2019年10月19日(土)午後3時~4時半
場 所:法文1号館22番教室(法文1号館の場所はこちらをご覧下さい。)
概 要:『明治政治史』『転換期の大正』の新版(岩波文庫)刊行にちなんで、岡 義武の仕事の意義について議論します。
 
ホームカミングデイの詳細については、第18回ホームカミングデイ特設サイト をご覧頂くか、法学政治学研究科等庶務チーム(電話:03-5841-2475)にお問い合わせください。

ニュース/イベント