• TOP
  • ニュース
  • 秋季入学の留学生新入生歓迎会を開催

秋季入学の留学生新入生歓迎会を開催

2019/10/29

10月17日(木)18時から、法文1号館1階学生ラウンジにて秋季入学の総合法政専攻大学院外国人研究生・大学院特別研究学生・大学院特別聴講学生、そして法学部特別聴講学生の留学生新入生歓迎会が開催されました。留学生、客員研究員、日本人学生、教職員等、総勢82名が出席し、熱気あふれるパーティになりました。

寺谷広司総合法政副専攻長の司会で始まり、大澤裕研究科長の挨拶、新入生11名の自己紹介、沖野眞已副研究科長による乾杯の後、歓談に入りました。

 

宴もたけなわになった頃、デンマーク出身新入生2名がデンマークの特徴を紹介し国歌を披露しました。次に、スイス出身新入生2名が4つの公用語を紹介しました。最後は、中国出身新入生5名で約10年前に中国で流行った「青花瓷」を合唱し、ソロで昨年の日本の流行歌「レモン」を熱唱しました。知り合って1ヶ月に満たない新入生たちが協力しあって母国を上手に紹介してくれました。

デンマーク出身新入生

 

スイス出身新入生

 

 

終盤に集合写真を撮り、全員で片付けを行って20時ごろ散会しました。

 

今年も法文1号館内で留学生と教職員が協力しあってパーティを企画・運営し、手作り感あふれる賑やかな新入生歓迎会となりました。

ニュース/イベント