戻る 留学生担当 HOME

入学を希望する外国人の方々へ


東京大学法学部・大学院法学政治学研究科

Information in English

法学部

学部入試については、「学部入学」のページを参照して下さい。

大学院法学政治学研究科
1.修士課程及び博士課程

修士課程では、通常2年以上在学し、研究科の定めた所要の科目及び単位を修得し、必要な研究指導を受けた後、論文審査および最終試験に合格すれば、修士(法学)の学位が与えられます。博士課程では、通常3年以上在学し、研究科の定めた所要の科目及び単位を修得し、必要な研究指導を受けた後、論文審査および最終試験に合格すれば、博士(法学)の学位が与えられます。

(1) 出願手続き
修士課程は5月、博士課程は7月から、翌年4月入学用の願書を配布します。
(願書提出締切:修士-6月中旬、博士-12月上旬)
詳細は以下ページを参照して下さい。
入試関係情報(修士課程)
入試関係情報(博士課程)

(2) 入学時期
修士課程及び博士課程への入学時期は、毎学年のはじめ(4月)です。

2.法科大学院

法律家(裁判官、検察官、弁護士)を養成するための課程であり、修了すると新司法試験の受験資格が得られます。

(1) 出願手続き
7月に翌年4月入学用の願書を配布します。出願は、10月上旬を予定しています。
詳細は「法科大学院」のページを参照して下さい。

(2) 入学時期
法科大学院への入学時期は、毎学年のはじめ(4月)です。

3.大学院外国人研究生

大学院外国人研究生とは、外国人であって、本研究科において、特殊事項に関する研究をしようとする者のための制度です。なお、研究期間を終了しても、学位、資格等は与えられません。

(1) 出願資格
大学院外国人研究生とは、外国人であって、本研究科の正規の課程(修士課程又は博士課程)に出願することのできる者と同じです。ただし、日本の大学を卒業又は卒業見込みの者には出願資格はありません。

(2) 出願手続き
(a) 日本政府(文部科学省)奨学金第一次選考合格者・日本台湾交流協会奨学金二次試験合格者
 書類請求は留学生担当まで。
 又は下記のPDFファイルをダウンロードして下さい。
 選考要項   提出書類フォーム
(b) 一般の出願者
 書類請求は留学生担当まで。
 又は下記のPDFファイルをダウンロードして下さい。
 選考要項   提出書類フォーム

(3) 選考方法
(a) 日本政府(文部科学省)奨学金第一次選考合格者・日本台湾交流協会奨学金二次試験合格者
選考は、書類選考のみです。
(b) 一般の出願者
選考は、一次が書類選考、二次が面接になります。海外から応募の場合は、来日して面接を受けることになります。

(4) 入学時期
大学院外国人研究生の入学時期は、毎学期のはじめ(4月、9月)です。

(5) 在学期間
大学院外国人研究生の在学期間は半年又は1年です。ただし、研究上の必要によっては、在学期間の延長を願い出ることができます。

東京大学での留学生活
1.学費(2017年4月入学)

(1) 学部・修士 ・・・・・・・・・・・・・・入学料 282,000円/授業料 535,800円(年額)
(2) 博士 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 入学料 282,000円/授業料 520,800円(年額)
(3) 法科大学院 ・・・・・・・・・・・・ 入学料 282,000円/授業料 804,000円(年額)
(4) 大学院外国人研究生 ・・・ 入学料  84,600円/授業料 346,800円(年額)

2.奨学金・日本政府(文部科学省)奨学金

日本に来てから民間の奨学金を得ることは、とても難しい状況となっています。できれば来日する前に、何らかの奨学金に応募し、合格しておいた方が良いでしょう。日本政府が、日本で学ぶ留学生のために「文部科学省奨学金」を出しています。この奨学金に関する情報や願書を入手したい場合には、最寄りの日本大使館・領事館にお尋ね下さい(東京大学では文部科学省奨学金の願書を配布していません)。
奨学金については、「私費留学生の奨学金」のページを参照して下さい。

3.宿泊施設

東京大学には、外国人留学生と外国人研究者のための宿泊施設として、東京大学インターナショナル・ロッジ(白金台・駒場・柏)、国際学生宿舎(三鷹、豊島、追分)がありますが、部屋数が少ないので、大部分の留学生は、民間の学生寮やアパート、マンションに住んでいます。
詳細は「住居情報」のページを参照して下さい。

4.日本語教育

東京大学日本語教育センターで日本語教育を行っていますが、文部科学省奨学生でない限り、集中コースを受講することは大変難しくなっています。本研究科に入学するには、かなり高度な日本語能力が要求されるため、来日前に日本語を学んでおく必要があります。
詳細は「日本語教育」のページを参照して下さい。

よく聞かれる質問

Q:法学政治学研究科において、日本語能力はどのくらい必要ですか?
A:日本語文献の講読ができること。目安は日本語能力試験N1レベル以上です。

Q:大学で専攻した専門分野が違っても、法学政治学研究科に出願できますか?
A:出願できます。ただし、大学卒業レベルの専門知識は必要です。

Q:法学政治学研究科に出願する前に、教員と連絡を取る必要がありますか?
A:必要ありません。

Q:法学政治学研究科の教員と連絡を取りたいのですが、どうすればよいですか?
A:教員がe-mailを公開していない場合は、下記の住所に郵送して下さい。

※その他何か質問等がある場合には、下記にお問い合わせ下さい。

東京大学大学院法学政治学研究科・留学生担当
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
Tel +81-3-5841-3124 Fax +81-3-5841-3291
(月-金 9:00-12:00, 14:00-17:00)
e-mail: jryugaku#j.u-tokyo.ac.jp (#を@に書き換えてください)

image

image

image

image

image

image